鉛筆のマーク

さあ、君は、未来の自分からこんなお願いをされないようにするには、どうすれば良いかな。毎日の生活の積み重ねによって体がだんだん悪くなることを『生活習慣病せいかつしゅうかんびょう 』って言うよ。家の人にも相談して、どんな生活が病気につながるのか、調べて考えて、分かったこと、家で話し合ったことなどを新聞にまとめてみよう!

60年後のわたしたち
今のわたしたち

健康かべ新聞をつくる

1.テーマを決める

将来、病気にならないように気をつけることって何かな。「健康」や「医りょう費」について以下の3つの中から、関心があるものを1つ選ぼう。

テーマ1

生活習慣病に要注意!

運動もせず、スナック菓子がし やあまい物ばかり食べて、お酒も飲んで、タバコもすって…と、病気につながる生活パターンって何か調べてみよう。今の生活の中に体に悪い習慣しゅうかん はないかな。家の人もだいじょうぶかな。健康診断しんだん を受けると、病気が早く見つかることもあるよ。診断の結果があれば見せてもらい、病気になりかけていないかチェックしよう。健康のための行動メニューを家で作るのも良いね。

スナック菓子を食べるようす
テーマ2

増え続ける医りょう費

大きな病気にかかると、医りょう費もたくさんかかるようになるよ。でも、君が病院ではらう医りょう費は実際よりも少ないんだ。残りのお金は健康保険証ほけんしょう を発行する「協会けんぽ」などの組織がはらっているよ。便利な仕組みだけど、医りょう費は増え続けているんだ。どんな制度で、このまま行くとどうなるのかな。また、医りょう費がかかりすぎないようにするには、どんな方法があるかな。

医療費をひとりで支える老人
テーマ3

わが家の健康づくり法

すいみんを十分にとったり、学校や会社でストレスをためすぎないようにしたり。君の家で続けている、または、これから取り組もうとしている「健康づくり法」を教えてくれないかな。家の人ともよく話し合って、みんなで健康づくりに取り組むのも良いね。健康でいられると、病院に行ったり、入院したりすることも少なくなるかも。健康と医りょう費の関係についても考えてみよう。

正しい生活リズムで寝る人
2.題字をつける

題字は新聞のタイトルだよ。「健康かぞく新聞」や「健康長生き新聞」など、「健康」や「医りょう費」について、何新聞にするか、自分のテーマを見つけて考えて付けよう。

タイトルの例を出すはカベ
3.取材する

テーマが決まったら、取材して情報を集めよう。家の人に、「健康診断しんだんの結果」や、つとさき からもらう「医りょう費のお知らせ」などの資料を見せてもらったり、話を聞かせてもらったりしよう。本やインターネットも使って制度の仕組みなどを調べてみよう。分かったことはノートにメモしておこう。

タイトルの例
はカベ
4.まとめる

調べた内容から、伝えたい内容を項目別に整理しよう。そのうち、大事だと思う順に、上から3つを記事にしてみよう。記事にえる図やイラストも考えておこう。

5.書く

新聞紙面は、大きく3つの記事で構成こうせい されるよ。それは、人の体みたいに、「アタマ(頭)」、「カタ(肩)」、「ハラ(腹)」と言うんだ。一番伝えたい内容が、「アタマ」だよ。2番手が「カタ」、3番手が「ハラ」。アタマの記事には、「ヘッドライン」と呼ばれる大見出しを付けて、カタ、ハラにもそれぞれ見出しを付けよう。最後に、「編集後記 へんしゅうこうき」を付けて、新聞を作った感想を振り返ってみよう。

記事の配置例を解説するはカベ

生活習慣病について

全国健康保険協会(協会けんぽ)が生活習慣病について分かりやすくまとめた資料です。新聞づくりの参考にしてみては?